長くお人形を見ていますと
たとえばジュモーだと
この子のマークはきっとコレ、
と、なんとなく顔を見ただけでわかるのですが
でも時々、予想と違ったマークを持っている子に遭遇する時もあります。

たとえばこの子。

PC216085.jpg 

さんざんブログにも登場させてますので
お馴染みさんかも知れませんが
この子が最初にアップされたショップさんのブログを見た時には
ジュモーだとはさすがにわかりましたが、
この子の正体は
あれ?
ちょっと奥まった目だけど・・・
この眉の感じは・・・
えーと・・・?


さんざんあれこれ考えたあげく正解が
テートジュモー、だと分かった時は、あらまぁ・・・でした。

まぁ、メーカーもお人形を売る時にはあれこれ試作を繰り返すので
時々この子は何処の子的な表情の子が出て来ても不思議ではないのかも知れません。


さて、ここからが今回の本題。(・・・と、今決定^^;)
この方ももちろんジュモーですが
マークはと言うと、とってもすっきりなDEPOSE のみ。
without jumeau と言う方が分かりやすいかも・・・12号です。

P1010864.jpg

DEPOSE EJでしょう?とよく聞かれますが違います~。

!cid_0CD0E83A4C23497BB1314722480F4538@miyukiPC.jpg 

DEPOSEの刻印の子は1年のみしか製造されなかったらしいので
(2~3年と言うセラーもいます。)出会うチャンスは限られますが
思いがけずヒットする時もあります。
海外のオークションやショップでは出会わないのに
一番身近な国内のオークション、ヤフオクで発見なんてことも・・・。

この子。
DEPOSE 8号です。

IMG_3418.jpg


IMG_3218.jpg 

DEPOSE・・・下のサイズ8両脇の"np"って、なんぞや^^;

そして、このふたり、姉妹のようにとても良く似ていました。
同じ絵付け師さんの手によるのかも知れません。

IMG_3224.jpg 

でもどちらかと言うとDEPOSE刻印の子たちは
似ていない方が多いんじゃないかと思うんです。
(この子たちが逆に珍しいのかも。)
マークだけが同じで顔は実に様々。

たとえばこんな。
この子も without jumeauのDEPOSE6号

IMG_3905.jpg 

この子の顔立ちで、この子は"DEPOSE"と考える事は難しいと思うんですがどうでしょう?
自分は初期のテートちゃんかと思ったくらいだったんですが。

IMG_3904.jpg 


IMG_3900.jpg 

小さいめの子らしい青いスパイラルアイが
とっても綺麗で生意気で可愛いです❤^^

そんなこんなでいつの間にやらDEPOSEが3人共存中・・・^^;





スポンサーサイト
ヤフオク終了いたしました^^
 

IMG_3653.jpg 

たくさんのアクセス ウォッチ有難うございました~(^∇^)ノ

アンティークのお人形好きの方にねねちゃん、と言うと
打てば響くように、内藤ルネさんの名付けたお人形のねねちゃんが連想される事と思いますが
ねねちゃん、とグーグルで画像検索をすると
いまどきのお人形ちゃんのメルちゃんの妹ネネちゃんが
ばーっと出て来て、そうかぁ、メルちゃんの妹はネネちゃんなのかー・・・、
と、ひとしきり感心してしまいました。

海外に輸出されたFYマークのねねちゃんに自分は今まで縁がありませんでした。
ごく稀にショップに出て来ては一瞬にしていなくなって行く様子を見る事はありましたが
ちょっと前にあれ?と思う子がアメリカに出ていて
おそらくマークと表情からねねちゃんだろう、多分・・・とお迎えを決めて
日本にお里帰りしてもらったのでした。

まぁ、だいたい海外からやって来る日本顔の子は
どうにもこうにもなスタイルになっている事がほとんどなのですが
この子は多分当時のままの格好を維持させてもらっていたようでした。
・・・と、いうか理解不能な形状のキモノをそれ以上いじることも出来ないまま
年月だけが過ぎ去ったというのがどうも本当の所だったんだと思われます。

ペタペタの細い黒い髪に、化繊の着物、
厚紙をおなか部分にはめこんで巻いただけの帯。
そしていったいどこに長年いたのか、
まっ黒い汚れで元の肌の色など全くわからない薄汚れたお顔をしていました。
ただ目だけはキラキラとしたあどけない無垢な子供の瞳そのもので
この目の輝きがなかったら間違えたかなぁとくじけてしまったかも知れません・・・^^:

少しづつ綿棒で汚れを拭き取って行ったのですが
頬の上をひと撫でしただけで白い綿棒は真っ黒になりました。
ちょっとわかりにくいのですが顔の汚れの半分を拭き取ったようすがこれです。
右が拭き取った部分です。
顔左半分の影のようにみえているのが汚れです。
IMG_3002.jpg 

何度も何度も繰り返し汚れをとっていって
ついに現れた本来のビスク・・・
IMG_3004.jpg 

こんなに色白ちゃんだったとはー・・・(゚△゚;ノ)ノ

IMG_3053.jpg 

まだざっくりと汚れを取った時に撮ったものですが
なんだかほんわりした柔和な日本のこどもになった気がします。
そしてどことなく、色っぽいと言うか艶っぽいと言うか・・・。
外国のビスクドールには絶対にない本当に不思議な表情を持っています。

IMG_3206.jpg 

いかかでしょう?
ジュモーとFYの夢?の競演ヽ(´∀`)ノ
たまたま我が家にあったワンピを着せて洋装にして見ました。
ウィッグが貼りついたままになっているので
スタイリングが難しいですが
可愛いりぼんもゲットして付けてあげました。

それにしても
やっぱりFYは平たい顔の一族なんだなぁと
ジュモーと並べてつくづくと親戚のおばちゃんを体現しています・・・。












誰もいない駅舎にて



青い空は動かない、
雲片(ぎれ)一つあるでない。
  夏の真昼の静かには
  タールの光も清くなる。


P1010716.jpg 

P1010714.jpg 

夏の空には何かがある、
いぢらしく思はせる何かがある、
  焦げて図太い向日葵(ひまはり)
  田舎の駅には咲いてゐる。

P1010725.jpg 

上手に子供を育てゆく、
母親に似て汽車の汽笛は鳴る。
  山の近くを走る時。

P1010720.jpg 

P1010719.jpg 


山の近くを走りながら、
母親に似て汽車の汽笛は鳴る。
  夏の真昼の暑い時。

P1010723.jpg 



中原中也 夏の日の歌 
「山羊の歌」より



箱庭

箱庭


薄緑色の風の杖が
この箱庭に魔法をかける


P1019383箱庭 


P1019394箱庭 


P1019415箱庭 

6月の夕まぐれ
花影の奥から
妖精の歌が聞こえて来る


P1019419箱庭  

タイム アルビフロルス
姫撫子
ジョイスティック
そして妖精とのカルテット


P1019392箱庭    

薄緑色の風の杖が
この箱庭に魔法をかける


P1019388.jpg 

ささやくような鈴の音は
妖精のうたごえ

誰も知らない
世界の片隅
幾重にも咲き連なる
この箱庭のゆりかごの中で