風は吹く




万策尽きたと思うな
自ら断崖絶壁の淵にたて。


P1051433.jpg


その時はじめて
新たなる風は必ず吹く。





松下幸之助

スポンサーサイト

コメント 12

nana  2016, 07. 16 (Sat) 12:47

目は口ほどにモノを言う

うーーん説得力あるわぁ~

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 16 (Sat) 19:33

To nanaさん

有難うございます。

そうでしょ~?^^

編集 | 返信 |  

くりうめ  2016, 07. 16 (Sat) 21:10

ドール・サスペンス劇場

断崖絶壁。
真下には、目にするだに凍てつくような青い海が広がっている。そして、その海よりも青い目をした人形は、静かに口を開いた。
「さあ、早く飛び降りなさい」
あとは吹きすさぶ風、風、風・・・アンティークレースが引きちぎれるような風が吹いている。
「前のオーナーがタクシーを降りるところを見計らって、バナナの皮を足元に投げ込み、転倒させたことはヴィーのタレコミでわかっているのよ。尾てい骨骨折で何か月も入院したそうよ。私達の世話どころじゃない状態、今でも」
体温が急速に下がってゆく。なんて強烈な目をしているのだろう。そして、人形世界のネットワークはなんと緻密なのだろう。
「あなたが中身だけ食べて、皮を利用したバナナはドール・バナナ。ドールの検索に引っかかったのよ。ヴィーが、2ちゃんねらーだって、知らなかった?」
ああ、セブンイレブン・PBバナナにすればよかったと、心の奥で後悔したが遅いのだ。

編集 | 返信 |  

doll49002004  2016, 07. 16 (Sat) 21:44

やっぱり、ブリュ様の目は、迫力満点で、すべてを物語っていますね!
最近、ブリュ嬢が気になって、ブリュ様をたくさん作っています。
こちらのお嬢様の目が、すごく好きです。(^^♪

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 17 (Sun) 09:13

To くりうめさん

あっ・・・有難うございます(爆)^^;


第2弾期待してます~!v-341v-408

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 17 (Sun) 09:20

To doll49002004さん

有難うございます^^


ブリュの目はどのお人形とも違ってますね、
このド冷やかさの前では何も言い訳できません。
・・・ぐじぐじ言ってんじゃねーよ、と
常に叱咤激励を投げつけてくれます。
(・・・えーと、確かこのお方はフランスのお嬢さんだったハズ・・・^^;)

編集 | 返信 |  

nana  2016, 07. 17 (Sun) 10:37

つづき

ごめんごめん、昨日は書きかけで送信してしまったワ^^;
(その後なにやってたんだい)
アレクシアさんの目力は、向かうところ敵無し
アイスブルーの瞳は、相手の心をもお見通し
この人が上司だったらやっぱ怖い( ´∀`; )

でも彼女には、崖から飛び降りてもあとは風に吹かれてケセラセラ
そんな覚悟と大らかさが有るわネ^^
だから面と向かってこんなこと言われたら妙に納得してしまう
案外理想の上司かも(^▽^)v

わたしはちょっと一段落だけど
miyikiさんはこれから忙しくなるかな?ガンバ p(^^)q

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 17 (Sun) 12:52

To nanaさん

再度、有難うございます~^^


こ、このひとが上司だったら・・・?
そりゃあもうガクブルでしょう^^;
でも面倒見は良さそうかなー、落ち込んだ部下を毎夜呑みに連れ出して
飲み潰れた部下をチッ、とか舌打ちしつつも
家まで送り届けたりしてそう(・・・かな^^;?)
そんで同僚のもうひとりの茶目ブリュ、
マリオンに怒られているのかも。(妄想。)

編集 | 返信 |  

doll49002004  2016, 07. 17 (Sun) 14:50

何度も、訪問させていただいてます!
アレクシア様でしたね、本当に、このブリュ様が家にいてくれたら、もう何も怖いものはないですね。人生、むかうところ敵なし!
まるで、miyuki様の守り神様ですね!(^^♪

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 17 (Sun) 20:43

To doll49002004さん

有難うございます^^

そうです、アレクシアです。
普段はねっころがっているんですが、
たまに起きるとコワイコワイ^^;

ドレスは?ジュエリーは?ウィッグは?って
追い詰められます・・・(><)

編集 | 返信 |  

くりうめ  2016, 07. 24 (Sun) 20:05

マジカル・アンティ~ク!

マリオン「茶目のブリュと」
アレクシア「青目のブリュが」
二体でビスク手を天にかざす。
「心を合わせて マジカル・アンティ~ク!」
バッスルスタイルのドレスのお尻を振りながら、
ブリュ×2「そうよ 私達 友情は永遠 なんたって百年は軽く越える」
コーラス(ジュモーズ)「あたりまえ ことし132才」
ブリュ×2「マリオンとアレクシア アレクシアとマリオン ふたりが揃えば怖いことなんてないわ」
コーラス(ジュモーズ)「あたりまえ ヒビいっても 堂々ブリュよ」
ブリュ×2「マジカル・アンティ~ク ペーパーウェイトビーム!戦争だって2回見たの」
マリオン「にんげんは すぐしぬくせに すぐたたかうの」
アレクシア「あっというまに あのよゆくのに」
コーラス(ジュモーズ)「あたりまえ だから私達が必要」
ブリュ×2「マジカル・アンティ~ク ショッキングピンク・ロココ・アタック!」
マリオン「こうやって たまには歌って踊って」
アレクシア「コリをほぐしたいわ~」
コーラス(ジュモーズ)「あたりまえ 主さんの倍以上存在している」

一晩中、彼女らの歌って踊って は続いた。
その夜、オーナーのMiyukiさまが面妖な悪夢を見続けたことは事実だった。

編集 | 返信 |  

miyuki  2016, 07. 24 (Sun) 23:40

To くりうめさん

・・・うーん、うー・・・ん。

どうりで、胸が苦しかったワケねー・・・^^;

編集 | 返信 |  

新着記事一覧