ブリュドレス


前回に引き続きドレスバナシですが
今回はブリュ編です。

我が家のブリュジュン8号アレクシアさん、
この方は元々臙脂色のオリジナルドレスを着ていました。
アンティークシルクの宿命でスダレ化して
繊維のみになっている部分もあちこちある状態だったので
ずっと別のドレスを着せていました。

元ドレスはそれほど特徴があるわけでなく
どちらかと言えば地味で
アンティークドールのドレスは山盛りレースにふんわりスカート、のイメージからは
程遠いデザインだったと言えましょう。


IMG_4219.jpg 


今回出来るだけオリジナルに戻そう作戦中ですので
やって来た時のスタイルを出来るだけ再現?^^;してみました。
ブリュと言えばデコルテやビスクハンドをより美しく見せるドレスが
当たり前なんじゃないかと思うんですが
この方の場合本当にかなり違っていました。

袖は手首まであるし
着丈も長く靴がちょっと見えるくらい、
デコルテ部分もきっちり隠れていて
ブリュの最大の魅力である美しい胸元は全く、
ビスクハンドは半分くらいしか見えません。

まぁ限りなく地味なドレスデザインですが
このドレスこれまた同化していて見過ごしてしまいそうですが腕章が付いていました。
もう目を凝らさないと何が描かれてあるのかほとんどわかりませんが
かろうじてBRUの文字が読み取れます。

IMG_4208.jpg 

・・・お分かり頂けただろうか・・・^^;

元々は多分金色のくっきりしたBRUの文字が
燦然と煌めいていたんじゃないかと思われますが
兵どもが夢のあと、のごとく、荒野に打ち捨てられた旗指物のようで、
なんとも言えない哀愁が漂っております。

IMG_4223.jpg 

背中の金ボタン。
やって来た時には既に2つありませんでした。
ホールが大きめにとってあって留めやすく出来ています。
フロントのシンプルデザインを見ただけだと気付く事はありませんが
通常あまり目の向けられないバックを見ると
物凄くきちんと仕立ててあるのがわかります。

全体です。
この人はキッドボディなのでこの丈にしていたのかも・・・?
IMG_4209.jpg 


IMG_4197.jpg 
 
 
美しいですね。
元ドレスに戻そう作戦悪くないかも。



 


 
スポンサーサイト
新着記事一覧